ラブラドールレトリーバーの服選び

ラブラドールレトリーバーは非常に穏やかな犬で、どんな天候の中でも機能する被毛がありますが、それでも可愛い服は着せたいものです。

サイトトップ > ラブラドールレトリーバーの基礎知識

スポンサードリンク

ラブラドールレトリーバーの服選び

ラブラドールレトリーバーの基礎知識


最近はミニサイズの愛玩犬が大変な人気となっていますが、その一方でラブラドールレトリーバーのような大型犬に分類される犬種も人気となっています。


もともとラブラドールレトリーバーは「回収する犬―Retrieveする犬」という意味の猟犬の一種なのですが、現在はその大半が家庭犬となっており、一部が盲導犬や警察犬などの作業犬として活躍しています。


「ラブラドール」という名前は、カナダのラブラドル半島が由来となっており、更にはニューファンドランド島(現在のニューファンドランド・ラブラドール州)にいた現在は絶滅した「セント・ジョンズ・ウォーター・ドッグ」と「ニューファンドランド犬」とを交配させて19世紀に生まれた犬とされています。


この時、ニューファンドランド犬との混乱を避けるために、イギリスのブリーダーが後年になってからラブラドールと名付けたわけです。


こうした祖先となる犬種は、カナダ東海岸のラブラドル海流による凍てつく冷たい海の中で網の牽引をしたり、網から落ちたニシンやタラの回収などをしていました。


ラブラドールレトリーバーの雄は体重が27~36kg、雌でも23~32kgあり、外観は短い被毛が密に生えていて艶やかです。これはダブルコートと呼ばれる構成で、カラーはイエロー、ブラック、チョコレートの3種類です。尻尾は「カワウソの尾」の意味のオッター・テイルと呼ばれる根元が太くて力強い形をしています。外観は立派ですが気立てがよく友好的なすばらしい犬です。


ラブラドールレトリーバーの服選び

MENU



スポンサードリンク